LCCで良くあるトラブルというと、おそらくはバードストライクといった機体トラブル、あるいは悪天候による発着時間の遅れが挙げられます。

そもそもLCCは成田空港や羽田空港等の大型空港では特に、空港利用の料金を抑えていることもあって発着のターミナルまで遠いことがままあります。着陸してから待たされさらにバスを利用して、駅までも遠くて…といったデメリットも少なからずあります。

時間に正確に乗りたい場合はそのようなリスクがあることに少し注意し他方が良いでしょう。

さらに、完全にLCCの会社の責で運休となり…なんという事態となっても、LCC会社の方でのホテル代や代替え飛行機の手配がなく、振替便が自社のみだったりする場合があります。

辛いのが、その振替便の本数が少なく、しかも満席だった場合です。前後の便が満席で数日後のフライトしか残っていなくとも、すでに入っている予約が優先されるので、結局その航空会社では乗れずにかえって高くついてしまった、なんてこともあり得ます。

というのも、そもそもこのような振り替え運航といったサービスは航空運航に関する条例や法律で保証されていないサービスなのです。一般的なレガシー航空会社(LCCではない会社のことを指します)は完全に善意のサービスとして、運賃に含めたサービスを提供しているのです。

反面、LCC会社は極限まで運賃を抑えることで低価格を実現していますから、事故や不利益も自己責任で自己解決が原則です。なぜなら、そのようなサービスを含めてしまうと格安が実現しなくなるからです。

ただし、約款では補償無しとしている会社がおおいものの、ジェットスターなどの一部のLCCはある程度のホテル代などの補償があるものも存在しています。

例えばジェットスターではジェットスター側の責で運休となった場合は補償してくれる場合もあります。すぐに目的地に着きたい場合は即日返金の手続きも簡単ですので、カウンターに行くことをおすすめします。後日であっても、コールセンター等に問い合わせて運が良ければバウチャーが後日届くといった形で補償してくれる場合もあります。

振替便が利用できる場合は振り替えも可能ですし、返金せずに翌日以降の振り替え便を利用する場合は一定額のホテルや夕食、交通費が補償を受け取ることも可能です。

運行が運に任せ?そんなの嫌!という場合の対処方法としては、

・そもそも利用の時間や金銭手的にも余裕を持って手配しておく
・どうしても不安な場合はリスクヘッジに別の航空会社も仮予約しておく
・ホテルなどの場所をあらかじめ確認し、すぐに手配できるようにしておく
・閑散期を狙って旅行する

といった点に気をつけると、時間・金銭的にも余裕をもって旅行出来るので不測の事態であってもストレスなく対応出来るでしょう。

とはいえ、それほど毎日欠航しているわけではありません。そもそも、欠航率は多くて3%ほどですから、かなり頻繁に乗っていたり、よほどの悪運出ない限りは欠航になることは少ないでしょう。

個々人で事情や旅行に求めるものは異なりますよね。やはり最後はご自分の判断にゆだねられている、というのがLCCを利用する際に覚悟しておくべきところなのかもしれません。